現場(読み)げんば

精選版 日本国語大辞典の解説

げん‐ば【現場】

〘名〙
① 物事が実際に起こったその場面や場所。まだ事件がつづいている場合やそのあとがなまなましく残っている場合にいう。げんじょう。
※湯女(1898)〈内田魯庵〉「お前その現場(ゲンバ)を御覧かい。植込に隠れてゐたなら定めし現場を見届けて云ふんだらうネ」
② 建築、工事、製造、制作などの作業をしている場所。また、物事を実際に行なう場所。「教育現場」「現場監督」
※オールド・ノース・ブリッジの一片(1968)〈島尾敏雄〉「建物取りこわしの現場が展開されていたのだ」
③ まのあたり。めのまえ。実地。
※おとづれ(1897)〈国木田独歩〉「二郎には旧歓の哀(かなしみ)、貴嬢(きみ)には現場(ゲンバ)の苦(くるしみ)

げん‐じょう ‥ヂャウ【現場】

〘名〙 物事が現に行なわれている、また、行なわれた場所。げんば。
※国会論(1888)〈中江兆民〉「余は皆異日には望み有るも現場(ゲンデウ)の間には合はざる者なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げん‐じょう〔‐ヂヤウ〕【現場】

げんば(現場)1」に同じ。
「今夜こそ―を見届けたぞ」〈啄木・葬列〉

げん‐ば【現場】

事件や事故が実際に起こった場所。また、現にそれが起こっている場所。げんじょう。「事故の現場を目撃する」
実際に作業が行われている場所。また、企業などで、管理部門に対する実務部門をいう。「工事現場」「現場の意見を採用する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android