コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現場 ゲンジョウ

デジタル大辞泉の解説

げん‐じょう〔‐ヂヤウ〕【現場】

げんば(現場)1」に同じ。
「今夜こそ―を見届けたぞ」〈啄木葬列

げん‐ば【現場】

事件や事故が実際に起こった場所。また、現にそれが起こっている場所。げんじょう。「事故の現場を目撃する」
実際に作業が行われている場所。また、企業などで、管理部門に対する実務部門をいう。「工事現場」「現場の意見を採用する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんじょう【現場】

げんば(現場) 」に同じ。

げんば【現場】

事件や事故が現在起こっている、あるいはすでに行われた場所。げんじょう。 「火災-」 「殺人-」
(建築・土木などの)作業が行われている場所。 「工事-」
会社などで管理部門に対して実務部門。 「 -に出る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

現場の関連キーワードプレキャスト鉄筋コンクリート新・いのちの現場から〈2〉山崎正夫前社長の起訴内容チチハル市での毒ガス事故キャスター・ドライバー学校支援体制の見直し目も当てられないスクリプトガールユニット工法住宅テレプレゼンスホットニュースヘッドアレンジホームサウナブルーカラーワークアウトオンサイトプレカットフォアマンFAST三現主義

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現場の関連情報