コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北斎 ホクサイ

百科事典マイペディアの解説

北斎【ほくさい】

葛飾(かつしか)北斎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北斎
ほくさい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の北斎の言及

【織田一磨】より

…36年文展無鑑査,第2次大戦後は日展の出品委嘱者となる。浮世絵にも造詣深く,《北斎》(1916),《浮世絵十八考》(1926)等の著書がある。【藤井 久栄】。…

【葛飾北斎】より

…幕府御用鏡師の中島伊勢の養子となり,幼名時太郎,のち鉄蔵と改める。〈北斎〉とは一時の画号で,生涯に30回ほどの改号をする。〈画狂人〉とも号して,画三昧の生活を送り,浮世絵師中で最も作域が広い。…

※「北斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北斎の関連キーワード百日紅/Miss HOKUSAI長野県上高井郡小布施町小布施ジャン・カルロ カルツァ長野県上高井郡小布施町北斎とすみだ北斎美術館ピーター・モース青砥藤綱模稜案三七全伝南柯夢上野の森美術館クロアゾニスム福井県立美術館冨嶽三十六景富嶽三十六景一峰斎馬円楢崎 宗重椿説弓張月堀越左源次利根川図志画狂人北斎応為坦坦録

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北斎の関連情報