葛飾(読み)カツシカ

デジタル大辞泉の解説

かつしか【葛飾】[地名]

もと下総(しもうさ)国の郡名。江戸時代には下総国と武蔵国の郡名。今の千葉・埼玉・東京にまたがる地域。
東京都北東部の区名。荒川放水路江戸川に挟まれ、中川が貫流する。工業・住宅地。人口44.3万(2010)。
[補説]書名別項→葛飾

かつしか【葛飾】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「葛飾」姓の人物
葛飾北斎(かつしかほくさい)

かつしか【葛飾】[書名]

水原秋桜子の第1句集。昭和5年(1930)刊行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かつしか【葛飾】

〔古くは「かづしか」とも〕
古く下総しもうさ国に属した一郡。現在の東京都葛飾区・埼玉県北葛飾郡はいずれもその一部。
東京都二三区の一。荒川放水路と江戸川にはさまれた住宅・工業地域。

かつしか【葛飾】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葛飾の関連情報