コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十六進法 ジュウロクシンホウ

デジタル大辞泉の解説

じゅうろくしん‐ほう〔ジフロクシンハフ〕【十六進法】

16を基数とする位取り記数法。0から9までの10個の数字に加え、十進法の10、11、12、13、14、15に対してそれぞれアルファベットのA、B、C、D、E、Fを割り当てる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうろくしんほう【十六進法】

16 を基数とした記数法。数字 0 ・ 1 ・ 2 … 9 と A ・ B ・ C … F を用い、16倍ごとに上の位に上げていく数の表し方。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の十六進法の言及

【n進法】より

…最近はコンピューターとの関係で二進法が利用されている。このほか,長さ,面積,体積,重さなどにも,十進法以外に十二進法(1フィート=12インチ),十六進法(1ポンド=16オンス,1オンス=16ドラム)などの要素が使われている。記数法【丸山 正樹】。…

※「十六進法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十六進法の関連キーワード十六進数インチ数体系

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十六進法の関連情報