コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単一指揮官制 たんいつしきかんせいedinonachalie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単一指揮官制
たんいつしきかんせい
edinonachalie

旧ソ連および社会主義諸国軍において,指揮官による訓練活動と,政治部によるイデオロギー教育や党政治活動を統轄して,全責任を負う者が軍隊指揮官であるとする原則。軍隊が2系統の指揮権下にあることの害を避けるための一つの方策である。指揮官を欠く新生ソ連軍が,帝政ロシア軍将校を採用したとき,監視機関として軍事委員を設けたが,その軍隊指揮に及ぼす弊害に悩んだことが,単一指揮官制を生み出した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

単一指揮官制の関連キーワード政治将校

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android