弊害(読み)ヘイガイ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 悪いこと。害となるような事柄。
※開国の御沙汰書‐慶応四年(1868)一月二五日「是迄於幕府取結候条約之内、弊害有之件件、利害得失、公議之上、御改革可在候」
※土(1910)〈長塚節〉一二「別段に認むべき弊害(ヘイガイ)が伴ふのでもないのであった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弊害の関連情報