コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単位未満株 たんいみまんかぶ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

単位未満株

株式分割などで生じた売買単位に満たない株式のことを指す。具体的には、単位株制度のもとで、「証券取引所における売買単位に満たない株式」と定義されるもの。しかし、この単位株制度は、2001年10月に施行された商法改正によって、単元株制度が導入されたことに伴い、廃止に至った。呼称が「単位未満株」から「単元未満株」へ変更となったが、単位株未満も単元株未満も、それぞれ「端株」との取り扱いとして、発行会社に対して買い取りを請求することは現在も可能で、投資家に支障はない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

株式公開用語辞典の解説

単位未満株

単位株制度のもと、「証券取引所における売買単位に満たない株式」と定義されていた。なお、単位株制度は、2001年10月に施行された商法改正によって、単元株制度が導入されたことに伴い、廃止された。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android