コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単税 たんぜい

大辞林 第三版の解説

たんぜい【単税】

一種類の租税だけで構成される租税体系。消費や土地に課するものなどが提唱されたが実現していない。 ↔ 複税

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

単税の関連キーワード土地単税論平均地権重農主義民生主義ジョージガルスト単税論孫文複税租税

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単税の関連情報