卜庭の神(読み)ウラニワノカミ

デジタル大辞泉の解説

うらにわ‐の‐かみ〔うらには‐〕【×卜庭の神】

卜占(ぼくせん)をつかさどる神。太詔戸命(ふとのりとのみこと)と櫛真知命(くしまちのみこと)の二神で、延喜式にみえる。卜部の神。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うらにわのかみ【卜庭の神】

卜占ぼくせんをつかさどる神。太詔戸命ふとのりとのみことと櫛真智命くしまちのみことの二神。宮中で夏冬の御占の式の始めと終わりにまつられた。卜部うらべの神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android