占子の兎(読み)しめこのうさぎ

精選版 日本国語大辞典の解説

しめこ【占子】 の 兎(うさぎ)

① (「うまくいった」の意の「しめた」に、兎を「絞(し)める」をかけていう語) 物事がうまく運んだ時にいうしゃれ。しめた。しめこのうさうさ。
※浄瑠璃・荒御霊新田神徳(1779)四「僕(やつがれ)今日は此辺の羽織の内にすこ気あり、しめこの兎ちょんちょん幕」
② しめ殺すことをいうしゃれ。
※歌舞伎・四天王楓江戸粧(1804)四立「うぬを〆め子の兎にしろと、猪熊どのに頼まれた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android