去る者は追わず(読み)さるものはおわず

故事成語を知る辞典「去る者は追わず」の解説

去る者は追わず

自分から離れてゆこうとする人を、無理に引き留めはしない、ということ。

[使用例] 落城近く夜な夜な脱走するがあったのを、榎本が去る者は追わずといって目こぼしした所と[河上徹太郎*大鳥圭介南柯の夢|1955]

[由来] 一一~一二世紀、ほくそう王朝の時代の中国の文人、しょくの文章の一節から。「春秋ようでん」という歴史書の注釈を踏まえながら、中国文明に君臨する王者の異民族に対するあるべき態度を、「来る者は拒まず、去る者は追わず(慕ってやってくる者を拒絶はしないし、離れていく者を引き留めようともしない)」と述べています。なお、類似の表現として、「孟子―尽心・下」の「く者は追わず、来る者は拒まず」も知られています。

[解説] 「来る者は拒まずにして、参加するのも辞めるのも自由であるという意味で、よく使われます。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「去る者は追わず」の解説

去(さ)る者は追わず

《「孟子尽心下の「それ予のを設くるや、往(さ)る者は追わず、来たる者は拒まず」から》自分から離れて行こうとする者は、その意志に任せて、強いて引き留めない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ことわざを知る辞典「去る者は追わず」の解説

去る者は追わず

自分から離れてゆこうとする人を無理にひきとめたりしない。「来る者は拒まず」と対にして言うことが多い。

[使用例] 誰か人気の有る俳優が他へ引き抜かれるとその翌日あたりの新聞にその会社側のとして「去る者は追わずです」という言葉が必ず掲載される[伊丹万作映画界手近の問題|1936]

[解説] 「孟子―尽心・下」から出たことば。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android