友枝 高彦(読み)トモエダ タカヒコ

20世紀日本人名事典「友枝 高彦」の解説

友枝 高彦
トモエダ タカヒコ

大正・昭和期の倫理学者



生年
明治9年11月4日(1876年)

没年
昭和32(1957)年7月7日

出生地
福岡県

学歴〔年〕
東京帝大文科大学〔明治34年〕卒

経歴
大学院に進み、英国、米国、ドイツに留学、大正3年帰国。東京高等師範学校教授、5年東京帝国大学教授兼務。昭和4年東京文理科大学教授、日独文化協会主事、交換教授として再三ドイツに赴任。東京教育大学退官後、山梨県立都留文科短期大学長となった。東京教育大学名誉教授。訳書ティリーの「倫理学概論」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android