コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取水制限 しゅすいせいげん

3件 の用語解説(取水制限の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

取水制限

ダムや貯水池などの貯水量が著しく低下した際に、河川から取水する量を減らすこと。異常な少雨で引き続き降雨が見込めない場合や、枯渇によって貯水量が一定以下に下がった場合に、渇水・水不足への対応策として、全国の各管理水道局の判断によって行われる。貯水量の基準がさらに下がった場合、給水制限や断水が行われる場合もある。

(2013-7-25)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

取水制限

ダムの貯水量が減った際に、河川から水を取る量を減らす仕組み。国や自治体、農業、工業用水を利用する利水者らで作る協議会が、水不足に備えて決める。さらに貯水量が減ると、水を一般家庭などに供給する量を抑える「給水制限」が実施される場合がある。

(2016-06-29 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅすい‐せいげん【取水制限】

渇水時、河川や貯水池などからの取水量に制限を設けること。→給水制限

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

取水制限の関連情報