コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河川 かせんriver

翻訳|river

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河川
かせん
river

陸上の水が集って流れる細長い凹地 (河道) を,そこを流れる水とともに河という。河水は雨水や氷雪の融解水などによって涵養され,その流量は時間的,季節的に一定でない。乾燥地域では季節により河水が枯渇したり,下流で河道が消失する河川も少くないが,湿潤地域では河水が枯渇することはほとんどなく,河道は湖,海にいたるまで連続する。また河道は1本だけのことはまれで,途中で,大小の河道が合流したり,ときには分岐して1つの河系をつくる。 (→河川学 , 河川の作用 , 河川の争奪 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐せん【河川】

地表をほぼ一定の流路をもって流れ、湖や海に注ぐ水の流れ。大小のかわ。「一級河川

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

河川【かせん】

陸地表面でほぼ一定の流路をもつ水流の体系。流路となるところを河道,河道のある谷地全体を河谷流水に接する地面を河床という。ある河川の流水のもとになる雨雪の降下する全地域が流域であり,二つの河川の流域が互いに相接する境を分水界という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かせん【河川】

大小さまざまの川の総称。 「 -の氾濫」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河川
かせん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の河川の言及

【川】より

…この水の流路となるところを河道,河道のある谷地全体を河谷という。流れに接する地面を河床と呼び,これを流水ぐるみいっしょにして川あるいは河川という。河川へと水が集まってくる範囲が流域で,二つの河川の流域が互いに相接する界を分水界という。…

【堆積作用】より

…地球の表面付近の地殻は風,雨,河川,氷河,波浪,気温変化,生物などの作用によって一部が削剝され,それが運搬され,ある場所に集積して岩石になっていく。この全過程が堆積作用である。…

※「河川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

河川の関連キーワード北海道虻田郡真狩村真狩東京都あきる野市留原佐賀県鳥栖市河内町ハイドログラフィーフルロージョン河川からの取水フルポジション二級河川普通河川平衡河川一級河川準用河川浸食平野河川工学無口湖水産物地形籠取水塔地表水川の日

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河川の関連情報