口を顰む(読み)クチヲヒソム

デジタル大辞泉の解説

口(くち)を顰(ひそ)・む

声をひそめる。
「御敵にこそなるべかりけれと―・めけれども甲斐なし」〈太平記・三九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くちをひそむ【口を顰む】

声をひそめて話す。 「只御敵にこそ成るべかりけれと、-・めけれども/太平記 39

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android