甲斐/詮/効(読み)カイ

デジタル大辞泉の解説

かい〔かひ〕【×斐/詮/効】

行動の結果として現れるしるし。努力した効果。「我慢した―があった」
期待できるだけの値うち。「生きている―がない」→がい(甲斐)

かい〔かひ〕【甲斐】

旧国名の一。現在の山梨県にあたる。甲州
山梨県中西部、釜無(かまなし)川東岸にある市。武田信玄が築いた信玄堤遺構がある。江戸時代には綿花栽培が盛んで、現在はぶどうなど果樹栽培のほか、電子産業も発達。平成16年(2004)竜王町敷島(しきしま)町、双葉(ふたば)町が合併して成立。人口7.4万(2010)。

がい〔がひ〕【×斐】

[語素]《名詞「かい(甲斐)」から》
動詞の連用形や動作性の名詞などに付いて、その行為をした効果・効験の意を表す。「生き甲斐」「働き甲斐
主として人間関係を表す名詞に付いて、その人間関係の効果を発揮する意を表す。…としてのよしみ。「友達甲斐
打消しや希望の助動詞などに付いて、動作や状態の程度を表す。
「理窟につまって、あげくには死なず―な目にあうて、一分(いちぶん)はすたった」〈浄・曽根崎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かい【甲斐】

旧国名の一。山梨県全域にあたる。甲州。
山梨県北西部の市。甲府盆地の北西部を流れる釜無川の左岸に広がる。北部は山岳・丘陵地帯で、昇仙峡がある。果樹栽培やワイン醸造も盛ん。

がい【甲斐】

( 接尾 )
〔「かい」の連濁〕
動詞、またはそれに使役・受け身の助動詞の付いたものの連用形に付いて、その行為の結果としての効果・価値・張り合いなどの意を表す。 「頼み-」 「苦労のし-」 「生き-」
名詞に付いて、そのものにふさわしい実質が発揮されるの意を表す。 「年-」 「友達-」
打ち消しを含む句に付いて、そうでないのが幸いなほどの意を表す。 「死なず-な(=死ナナカッタトイウダケノ)目に逢うて/浄瑠璃・曽根崎心中」
願望を含む句に付いて、そうしたい放題の意を表す。 「どろく者めがしたい-にふみ付る/浄瑠璃・油地獄

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かい かひ【甲斐】

[一] 東海道の一国。東は武蔵、相模、南、西は駿河、北は信濃に囲まれた山国。平安末期に源義光が甲斐守となり、その孫信義が武田氏を称し、守護を世襲した。江戸時代は、幕府の直轄領親藩譜代の大名が封ぜられ、廃藩置県後、甲府県を経て山梨県となる。甲州。
[二] 山梨県中部の地名。甲府市の西に隣接し、宅地化が進む。南部の釜無(かまなし)川には信玄堤がある。平成一六年(二〇〇四)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android