コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古代ティラ遺跡 コダイティライセキ

デジタル大辞泉の解説

こだい‐ティラいせき〔‐ヰセキ〕【古代ティラ遺跡】

Archaia ThiraΑρχαία Θήρα》ギリシャ南東部、エーゲ海に浮かぶティラ島サントリーニ島)の南東部にある都市遺跡。紀元前9世紀頃にスパルタから来たドリス人が築いた植民都市に起源する。ビザンチン帝国時代まで栄えたが、8世紀頃の火山噴火で火山灰に覆われ、廃墟になったと考えられている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

古代ティラ遺跡の関連キーワードティラ島

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android