コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廃墟 ハイキョ

デジタル大辞泉の解説

はい‐きょ【廃×墟】

建物・市街などの、荒れはてた跡。「廃墟と化した街」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はいきょ【廃墟 ruins】

建物,市街などが人為的あるいは自然の破壊によって長らくうち棄てられ,機能を失って荒れ果てた跡。エジプトやギリシア・ローマの遺跡,古城や古教会などの遺構に代表され,しばしば人間の営みに対する時の勝利や人造物に対する自然の永遠性,死の遍在の象徴とされる。この言葉からは石の冷たさと無機性が連想されるため,すぐに朽ち果てる木造建築の遺構にはあまり使用されない。 廃への関心は,西洋ではルネサンス期に発生した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はいきょ【廃墟】

建物や市街・城郭などの荒れ果てた跡。 「 -と化した都」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

廃墟の関連キーワードベートーヴェン:創作主題による6つの変奏曲 ニ長調(「トルコ行進曲」)/piano solo聖オーガスティン大修道院ペリブレプトス修道院コベントリー大聖堂ブラックキャッスルティワンカピリマゲオイスターマウス城レーウェンブルク城バーブ・ワイヤーオールドセーラムスライゴー修道院トレンチーン城ノースベリックペルセポリスヘルシンボリガイヤール城ティリュンスカパイシアンセルジッラーレザンドリー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

廃墟の関連情報