廃墟(読み)ハイキョ

世界大百科事典 第2版の解説

はいきょ【廃墟 ruins】

建物,市街などが人為的あるいは自然の破壊によって長らくうち棄てられ,機能を失って荒れ果てた跡。エジプトやギリシア・ローマの遺跡,古城や古教会などの遺構に代表され,しばしば人間の営みに対する時の勝利や人造物に対する自然の永遠性,死の遍在の象徴とされる。この言葉からは石の冷たさと無機性が連想されるため,すぐに朽ち果てる木造建築の遺構にはあまり使用されない。 廃への関心は,西洋ではルネサンス期に発生した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はいきょ【廃墟】

建物や市街・城郭などの荒れ果てた跡。 「 -と化した都」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

廃墟の関連情報