コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右回り ミギマワリ

デジタル大辞泉の解説

みぎ‐まわり〔‐まはり〕【右回り】

右の方へ向かって回ること。時計の進む方向に回ること。時計回り

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みぎまわり【右回り】

時計の針と同じ方向にまわること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の右回りの言及

【右と左】より

…ここから左手と右手の機能分化が導かれ,さらには,それに対応する神経中枢,右脳と左脳の分業化がもたらされることになった。左右優位相称対称
[運動における左右性]
 回転運動には,その方向が必ず2通りあるが,そのいずれを左回り,右回りと呼ぶかは,構造における左右性よりもさらに問題が複雑である。最も簡便な表現は時計の針の回転方向を右回りとすることで,英語でも右回りをclockwise,左回りをcounterclockwiseまたはanticlockwiseと呼んでいる。…

※「右回り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

右回りの関連キーワードカーン‐インゴルド‐プレログ則アウトオブポジションストークスパラメータトロブリアンド諸島民弖爾乎波・天爾遠波ナチュラルターンレーザージャイロアンペールの法則バックギャモン新羅十二支像円偏光二色性金剛界曼荼羅暴風の法則天仁波流点環状交差点八門遁甲弖爾乎波中央競馬十二支文右繞三匝

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

右回りの関連情報