コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合(わ)せ鏡 アワセカガミ

デジタル大辞泉の解説

あわせ‐かがみ〔あはせ‐〕【合(わ)せ鏡】

髪・襟などの後ろ姿を見るために、前に立てた鏡に映るように、後ろからもう1枚の鏡で映して見ること。また、その鏡。共鏡(ともかがみ)。
相手に調子を合わせること。おせじ。
「きつい―とは思へども、だまされて咲く室の梅さ」〈洒・四十八手

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

合(わ)せ鏡の関連キーワード中村 歌右衛門(6代目)柄鏡道草

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android