コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合併交付金 がっぺいこうふきん

会計用語キーワード辞典の解説

合併交付金

合併比率の算定に際し、端数処理を簡便にするために、被合併会社(消滅会社)の株主に対して合併会社(存続会社)の株式ではなく、金銭を交付することをいいます。合併交付金は、合併比率をきりのよい数字にまとめるために利用されますが、合併比率算定にあたって、被合併会社の最終年度の利益を考慮し、最終配当の見合いで支払われる場合もあります。なお、合併会社の株主に合併交付金が支払われることはありません。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android