コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合併交付金 がっぺいこうふきん

1件 の用語解説(合併交付金の意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

合併交付金

合併比率の算定に際し、端数処理を簡便にするために、被合併会社(消滅会社)の株主に対して合併会社(存続会社)の株式ではなく、金銭を交付することをいいます。合併交付金は、合併比率をきりのよい数字にまとめるために利用されますが、合併比率算定にあたって、被合併会社の最終年度の利益を考慮し、最終配当の見合いで支払われる場合もあります。なお、合併会社の株主に合併交付金が支払われることはありません。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合併交付金の関連キーワード合併比率程邈乳脂計端数セルチェッカーアインホルン管簡易CA貯蔵簡便性pH試験紙山本省三

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone