金銭(読み)きんせん

精選版 日本国語大辞典「金銭」の解説

きん‐せん【金銭】

〘名〙
① 金で作られた円形方孔の銭貨。日本では天平宝字四年(七六〇)から発行された開基勝宝にはじまる。
※続日本紀‐天平宝字四年(760)三月丁丑「金文曰開基勝宝、以一当銀銭之十
平家(13C前)三「金銭九十九文、皇子の御枕におき」
② ぜに、かねの総称。貨幣
※虎寛本狂言・胸突(室町末‐近世初)「世に金銭を負ふせた者もあれ共、金銀故に命を取られた者も無いものぢゃ」 〔史記‐呉王濞伝〕

こん‐ぜん【金銭】

〘名〙 植物ごじか(午時花)」の異名。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android