合田 丁字路(読み)ゴウダ チョウジロウ

20世紀日本人名事典の解説

合田 丁字路
ゴウダ チョウジロウ

昭和・平成期の俳人



生年
明治39(1906)年10月29日

没年
平成4(1992)年10月28日

出生地
香川県仲多度郡琴平町

本名
合田 久男

主な受賞名〔年〕
四国新聞文化賞〔昭和57年〕,香川県文化功労者〔昭和61年〕

経歴
昭和3年「ホトトギス」初入選。21年白川朝帆より「紫菀」を継承し、主宰。62年日本伝統俳句協会に入会し、常任理事となる。四国新聞俳壇選者もつとめた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android