合田 丁字路(読み)ゴウダ チョウジロウ

20世紀日本人名事典の解説

合田 丁字路
ゴウダ チョウジロウ

昭和・平成期の俳人



生年
明治39(1906)年10月29日

没年
平成4(1992)年10月28日

出生地
香川県仲多度郡琴平町

本名
合田 久男

主な受賞名〔年〕
四国新聞文化賞〔昭和57年〕,香川県文化功労者〔昭和61年〕

経歴
昭和3年「ホトトギス」初入選。21年白川朝帆より「紫菀」を継承し、主宰。62年日本伝統俳句協会に入会し、常任理事となる。四国新聞俳壇選者もつとめた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android