主宰(読み)しゅさい

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐さい【主宰】

〘名〙 人々の上に立ち、中心となって事に当たること。また、その人。つかさ。かしら。
※大智禅師発願文(14C)「正法眼蔵を以て重担と為して、随所に主宰と成らん」
※青い月曜日(1965‐67)〈開高健〉二「『二十世紀ペンフレンドの会』を主宰している」 〔馬祖常‐還過龍門詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐さい【主宰】

[名](スル)人々の上に立って全体をまとめること。団体・結社などを、中心となって運営すること。また、その人。「劇団を主宰する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android