コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉備路風土記の丘 きびじふどきのおか

世界大百科事典内の吉備路風土記の丘の言及

【総社[市]】より

…岡山平野北西部と吉備高原南部を占め,高梁(たかはし)川が南流する。岡山市とともに古代吉備文化の中心地で,作山(つくりやま)古墳,備中国分寺(江戸時代の再建),備中国分尼寺跡,備中国府跡,備中総社宮などがあり,岡山市西部とまたがる吉備路風土記の丘県立自然公園に指定されている。古代から中世には三須郷,阿曾郷など多くの郷が置かれ,中世に大半が荘園化した。…

※「吉備路風土記の丘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉備路風土記の丘の関連キーワード山手(岡山県の旧村名)備中国分尼寺跡備中国分寺跡山手[村]総社古墳群総社[市]総社(市)吉備ノ中山岡山平野備中高松倉敷市岡山市総社市吉備津清音北区山手

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android