コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田友直 よしだ ともなお

2件 の用語解説(吉田友直の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田友直 よしだ-ともなお

吉田芝渓(よしだ-しけい)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉田友直

没年:文化8.6.19(1811.8.7)
生年:宝暦2(1752)
江戸中期,上野国群馬郡渋川村(渋川市)の農学者,教育者。字は子正,通称宇助,襲名して甚兵衛を名乗り,芝栖のち芝渓と号した。農商兼業の家に生まれたが,若くして地元の儒者山崎石燕に学ぶ。のちに昌平黌の聴講生となり,天明5(1785)年,上野国に来遊した京都の儒学者平沢旭山から影響を受けたといわれる。その後,塾を開き門弟を教えるかたわら,農学の素養と農業・養蚕業や山林開拓などの体験に基づき,相次いで『救荒須知』(現存せず),『養蚕須知』(1794),『開荒須知』(1795)などの実学書を著した。文化3(1806)年には水戸藩主徳川治紀に著書を献じ進講したと伝える。<参考文献>萩原進「『開荒須知』現代語訳・解題」(『日本農書全集』3巻)

(井上定幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田友直の関連キーワード群馬県渋川市赤城町北上野群馬県渋川市有馬群馬県渋川市石原群馬県渋川市金井群馬県渋川市白井群馬県渋川市中郷群馬県渋川市南牧群馬県渋川市半田群馬県渋川市吹屋群馬県渋川市行幸田

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone