吉田芝渓(読み)よしだ しけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田芝渓 よしだ-しけい

1752-1811 江戸時代中期-後期の農学者。
宝暦2年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)渋川村の人。家業の繭(まゆ)・煙草(たばこ)商のかたわら儒学を地元の山崎石燕(せきえん)や京都からきた平沢旭山(きょくざん)にまなぶ。のち家業をやめ一族で芝中新田を開拓。その体験から農書「開荒須知」「養蚕須知」などをあらわした。文化8年6月19日死去。60歳。名は友直。字(あざな)は子正。通称は宇助,甚兵衛

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android