コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名前解決 なまえかいけつ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

名前解決

ドメイン名(FQDN)とIPアドレスを相互に変換する仕組み。TCP/IPネットワークでは、コンピューター同士はIPアドレスを使って通信しているが、それでは使いづらいので「www.ascii.co.jp」などのドメイン名を使って通信を行なう。この際、ドメイン名をIPアドレスに変換する名前解決が行なわれている。名前解決は、DNSDomain Name System)と呼ばれる仕組みで提供される。たとえば、Webサイトに接続する場面では名前解決は次のように行なわれる。まずユーザーは、アドレスバーに「www.ascii.co.jp」というドメイン名を入力する。それを受けたWebブラウザーは、DNSサーバーに「www.ascii.co.jp」に対応するIPアドレスを問い合わせる。最後に、DNSサーバーによって名前解決されたIPアドレスをWebブラウザーに対して返信することで、WebブラウザーがそのIPアドレスを宛先とした通信を開始するという流れ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なまえ‐かいけつ〔なまへ‐〕【名前解決】

コンピューターネットワークにおいて、コンピューター名やドメイン名などからIPアドレスを割り出すこと。または、IPアドレスからコンピューター名やドメイン名を割り出すこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

なまえかいけつ【名前解決】

単なる数字の羅列であるIPアドレスと人間に扱いやすいアルファベットや数字を組み合わせたドメイン名を対応させること。◇名前解決を行う仕組みを「ドメインネームシステム(DNS)」という。⇒DNS

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

名前解決の関連キーワードUniversal Plug&Playコンピューターネットワークオープンリゾルバーhosts.txtネームサーバーネームサービスリゾルバーWINSPingSIP