コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向斜谷 コウシャコク

デジタル大辞泉の解説

こうしゃ‐こく〔カウシヤ‐〕【向斜谷】

地層の向斜部にできた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうしゃこく【向斜谷】

向斜の部分に沿って発達した谷。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の向斜谷の言及

【谷】より

…日本では断層谷が多く,断層線谷の例は少ない。褶曲の向斜軸に沿って発達する谷を向斜谷,背斜軸に沿うものを背斜谷という。向斜部が谷をなすときには背斜部が山稜をなすので褶曲構造に順応した平行する山脈と縦谷の列を生ずる。…

※「向斜谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

向斜谷の関連キーワードセントラル・バリー越後平野信濃川構造谷地層地形部分

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android