含意関係認識(読み)ガンイカンケイニンシキ

デジタル大辞泉の解説

がんいかんけい‐にんしき〔ガンイクワンケイ‐〕【含意関係認識】

与えられた2つの文の間に含意関係が成り立つかどうかを判別すること。含意関係とは、例えば、「ピカソは1907年にキュビスムの原点とされる『アヴィニョンの娘たち』を発表した」という文が成り立つとき、「ピカソは『アヴィニョンの娘たち』の作者である」という文も成り立つような関係をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android