コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸気弁 きゅうきべん

大辞林 第三版の解説

きゅうきべん【吸気弁】

内燃機関の制御弁の一。燃料の吸入時のみ開いて、気筒内にガスを導き、他のサイクルのときは閉じてガスや燃焼後のガスが逆行しないようにする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

吸気弁の関連キーワード4サイクルエンジン(フォーサイクルエンジン)12T(TGP)(希薄燃焼エンジン)自動車用ミラーサイクルエンジンPD6(T)型直6ガソリンエンジン安全ピペッター内燃機関サイクルガス

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吸気弁の関連情報