コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内燃機関 ないねんきかんinternal-combustion engine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内燃機関
ないねんきかん
internal-combustion engine

熱機関の一種。燃料の燃焼が機関の内部で行われ,燃焼ガスを動作ガスとして熱エネルギーを機械的エネルギーに変える原動機である。これに対して,燃焼熱を他の媒体に伝えて作動させるものを外燃機関と呼んで区別している。広義にはガスタービンも含めて,ガス機関,石油機関ガソリン機関ディーゼル機関,燃料噴射電気点火機関,焼玉機関,ジェット機関,ロケットエンジンなどがある。また往復動機関においては4サイクル,2サイクル方式があり,点火方式により,火花点火,圧縮点火など,機関の冷却方式からは空冷,水冷などに分けられる。またシリンダ形式と配列とによる分類は,縦型,直列型,V型,水平対向型,星型などの形式がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

内燃機関【ないねんきかん】

燃料の燃焼が機関の内部で行われる熱機関の総称。これに対し,機関外で燃料を燃焼させる蒸気タービンスターリングエンジンなどは外燃機関と呼ぶ。内燃機関は他の原動機に比べて小型軽量なので,車両,航空機,船など交通機関に使われることが多い。
→関連項目エンジン気動車機帆船蒸気機関シリンダーデトネーション動力2サイクル機関熱機関排気量ピストンエンジン4サイクル機関

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ないねんきかん【内燃機関 internal combustion engine】

熱機関は熱エネルギーを継続的に機械的エネルギーに変える装置であるが,必ずエネルギー変換の媒体として作動流体を必要とする。すなわち作動流体に高温熱源から熱を与え(加熱),その一部を膨張仕事として取り出し,残りの熱を低温熱源に捨てる(冷却)ことにより作動流体を元の状態にもどし(この一連の動作をサイクルという),これを繰り返す。加熱の方法により熱機関は内燃式と外燃式に大別される。内燃式は燃料と空気の混合物よりなる作動流体そのものを着火・燃焼させ,高温高圧の作動ガスを得る方式である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ないねんきかん【内燃機関】

燃料の燃焼によって生じた高温・高圧のガスを直接利用して作動する機関。燃焼室内で燃料を燃焼させてピストンなどを作動させる容積型(ガソリン機関・ディーゼル機関など)と、燃焼ガスを噴出させて羽根車を回したり(ガス-タービン-エンジン)、直接推力としたり(ジェット-ロケット)する速度型に大別される。 ↔ 外燃機関

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内燃機関
ないねんきかん

酸化能力をもち作動流体となる気体(ほとんどが空気)の中で燃料を燃焼させ、高温・高圧となった燃焼ガスをシリンダーとピストン、またはタービンに作用させ機械的エネルギーに継続して変換する熱機関の一種。シリンダー内で燃焼させる往復動内燃機関としては、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ガスエンジン、石油エンジンなどがあり、燃焼器で燃焼させる機関としてガスタービン、ジェットエンジン、ロケットエンジンなどがある。また中間的な内燃機関として、フリーピストン機関で燃焼させガスタービンで機械エネルギーに変換するフリーピストンエンジン、往復動内燃機関と排気タービンを機械的に結合した複合機関などがある。
 使用燃料は気体、液体の2種がある。液体燃料では、気化器で気化させ供給する機関と、直接燃焼室に噴射される機関に大別される。点火は、往復動型では電気火花で点火するか、圧縮された空気の高温で自発点火するものに大別される。作動方式は往復動型では四行程式と二行程式がある。なお連続燃焼するガスタービンなどでは、始動時だけ点火し、あとは火炎保持装置で連続的に点火する。[吉田正武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

内燃機関の関連キーワードengine cutterウエストゲーティングハイブリッドシステムウオータージャケットエグゾーストノイズ灯油機関・燈油機関アフターファイアエアフィルターモーターボートバックファイアアンチノック性モビールオイルイグニッションミスファイアキャブレターセルモーター内燃電動車ピストン棒点火コイル液冷式機関

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内燃機関の関連情報