コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排気弁 ハイキベン

デジタル大辞泉の解説

はいき‐べん【排気弁】

内燃機関で、シリンダーから不用になったガスや蒸気を排出するための弁。吸入・圧縮などの仕事をなす間は閉じている。排出弁。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はいきべん【排気弁】

内燃機関で、排気を出すための弁。吸入・圧縮・膨張の際は閉じており、爆発終了後、カムの作用で開く。排出弁。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

排気弁の関連キーワード4サイクルエンジン(フォーサイクルエンジン)2サイクルエンジン(ツーサイクルエンジン)勉・便・勉・娩・弁・瓣・辨・辯・鞭・駢三菱MCAPD6(T)型直6ディーゼルエンジンロータリーエンジンガソリンエンジンOHC エンジンドライスーツKD2,3ノッキング内燃機関タペット弁線図OHC空気銃OHV気球カム

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android