コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周縁膠結作用 しゅうえんこうけつさようrim cementation

岩石学辞典の解説

周縁膠結作用

破砕した粒の周りに膠結物が化学的に沈澱する作用のことで,膠結物は粒と同じ組成で構造的に連続しており,そのため粒および膠結物は単結晶となっている[Bathurst : 1958].⇒エピタキシャルシンタキシャル

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone