作用(読み)さよう

精選版 日本国語大辞典「作用」の解説

さ‐よう【作用】

〘名〙
① (━する) あるものが他に影響を与えるようにはたらくこと。また、そのはたらき。〔文明本節用集(室町中)〕
※江戸繁昌記(1832‐36)五「些少の用、何ぞ一字を惜まん。却て是れ仏法多子なし」
※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「世の中には、妙な作用(サヨウ)を持ってる眼があるものだ」 〔景徳伝燈録〕
② 力学で、二つの物体間に両者の力が働きあうとき、その一方の力。〔工学字彙(1886)〕
ブレンターノの心理学およびフッサールの現象学で、意識作用がなにかの内容(対象)に向かっている場合の、意識の能動的な志向の働き。ノエシス。〔哲学字彙(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「作用」の解説

さ‐よう【作用】

[名](スル)
他のものに力を及ぼして影響を与えること。また、その働き。「太陽熱は植物の生育に作用する」「薬の副作用」「相乗作用
生物が生存していくための心身の働き。「消化作用」「心理作用
二つの物体の間で、一方が他方に加えた力。
フッサール現象学で、なんらかの対象を志向する意識の働き。
[類語](1働き機能効果効力影響反作用副作用刺激煽り反響反映反応反動波紋余波皺寄せとばっちり巻き添えそばづえ手応え歯応えインパクトリアクションレスポンスフィードバック(―する)働く働きかける効く響く差し響く跳ね返る物議を醸す祟る災いする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「作用」の解説

さよう【作用 action】

一般に二つの物体の間に力が働いているとき,その力によって一方が他方に及ぼす影響,またはそれによって生ずる変動のことを作用という。広義には物体に限らず物質波動の構成成分間,また物理現象のみならず化学反応現象に関しても,さらには心理現象や社会現象においても相互の間に働く力の結果という意味で作用という言葉が用いられる。物理現象としての作用が定量化されるためには,例え物体間の距離関数として力が具体的に表され,その力によって動かされる物体の運動法則(運動方程式)の中においてそれが定量的に示されることが必要となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「作用」の解説

【作用】さよう

はたらき。〔魏書、孫紹伝〕臣聞く、~、人理に乖(そむ)かば、合ふと雖も必ず離る。作用を失はば、ると雖も必ずると。此れ乃ち古今同然、百王の定法なり。

字通「作」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の作用の言及

【変分原理】より

…〈重力のもとで質点がある2点間を運動するとき,その所要時間が最短であるような軌道はどのように定められるか〉,というベルヌーイの問題から数学上の一分科としての変分法が始められたが,もし現実に質点の軌道がそのような条件,すなわち〈最短到達時間〉によって定まるのであれば,それは一つの運動法則とみなされよう。事実,歴史的には18世紀から19世紀にかけて,変分法が役割を果たす形式によりニュートンの運動法則を書き換えようとする試みが多く現れており,その代表的なものにダランベールの原理,最小作用の原理ハミルトンの原理がある。一般的に,物理的な現象を法則として述べるのに関与するある基本スカラー量があって,これを最小にするという条件から法則が導かれる場合,この法則の記述の仕方を変分原理と呼んでいる。…

※「作用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android