命を惜しむ(読み)いのちをおしむ

  • いのち
  • を 惜(お)しむ

精選版 日本国語大辞典の解説

死ぬことを心残りに思う。もっと長生きしたいと思う。
※宇津保(970‐999頃)内侍督「いづれもいづれもいのちをおしむ薬なりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android