コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咽頭歯 イントウシ

デジタル大辞泉の解説

いんとう‐し【咽頭歯】

魚類の咽頭部にある歯。コイベラのものは大きく、貝や甲殻類をこれで割って食べる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の咽頭歯の言及

【歯】より

…歯は顎骨の周囲にはえている〈辺縁歯〉だけでなく,上あごには鋤骨(じよこつ)や外翼状骨など口蓋の諸骨にはえる〈口蓋歯〉があり,これらを合わせて〈顎歯〉という。このほか咽頭骨と呼ばれる左右1対の鰓弓(さいきゆう)の骨格に歯がはえていることもあって,これらを〈咽頭歯〉という。一般に顎歯の発達している種類は咽頭歯をもたず,コイ類のように咽頭歯の発達した種類は顎歯をもたないことが多い。…

※「咽頭歯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

咽頭歯の関連キーワードシャムアルジーイーター魚類/主要用語解説ソウギョ(草魚)発音(生物)コイ(魚)サッカー科ドジョウタナゴ魚類

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android