コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲殻類 こうかくるいcrustacean

翻訳|crustacean

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲殻類
こうかくるい
crustacean

節足動物門甲殻亜門 Crustaceaとしてまとめられる種類の総称。体は頭部,胸部,腹部の 3部または頭胸部と腹部に分かれる。各部とも体節からなり,それぞれ一対ずつの付属肢をもつのが原型である。これらは頭部の第1触角,第2触角,大顎,第1小顎,第2小顎,胸部の第1~3顎脚,第1~5遊泳脚(または歩行脚),腹部の腹肢に分化している。原則として水中生活をし,鰓呼吸開放血管系。排出器として第2小顎に開く小顎腺あるいは第2触角基部に開く触角腺があり,内分泌腺としては,体色変化に関与するサイナス腺,第2次性徴に関与する雄性腺がある。変態を行なうものはノープリウスなどの幼生期を経て成体となる。雌雄異体が多いが雌雄同体もあり,単為生殖もみられる。海産が多いが,淡水産,汽水産,陸産もあり,自由生活,着生生活あるいは寄生生活をする。高山から深海まで地球上に広く分布し,アミ類ダンゴムシエビカニミジンコなど身近な種が多く,また大型動物の餌としても,食用資源としても重要な種が多い。現生種は約 6万種で,鰓脚綱 Branchiopoda(→鰓脚類),ムカデエビ綱 Remipedia(→ムカデエビ類),カシラエビ綱 Cephalocarida(→カシラエビ類),顎脚綱 Maxillopoda(→顎脚類),軟甲綱 Malacostraca(→軟甲類)の 5綱に分けられる。化石は古生代カンブリア紀以来出土する。(→節足動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

甲殻類【こうかくるい】

節足動物の一綱。体が多数の体節からできていることは他の節足動物と共通だが,石灰質を含んだ外骨格をもつこと,大部分のものが終生水中で生活し,呼吸はえらまたは体の表面で行うことが特徴である。遊泳性または歩行性のものが多いが,固着性や寄生性のものもある。付属肢は本来二叉型。感覚器官として原始的なものはノープリウス眼,一般に1対の複眼をもつ。化学物質に対する感覚や触覚は触毛がこれに当たり,聴覚器官はない。すべて卵生で,変態を経て成体になる。鰓脚(さいきゃく)類(ホウネンエビなど),貝虫類ウミホタル),橈脚(とうきゃく)類(ケンミジンコ),蔓脚(まんきゃく)類(フジツボカメノテ)のほか,アミ目,等脚目(フナムシ),十脚目(エビカニ),口脚目(シャコ)等を含む軟甲類などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうかくるい【甲殻類 crustaceans】

節足動物門甲殻綱Crustaceaを形成する動物群で,基本的には水中にすみ,えら呼吸をする。約5万種であるが,その大部分は海産種で,おもに陸上生活をし,気管により空気呼吸をする昆虫類およびクモ類とともに節足動物の主要部を構成する。多くは自由遊泳または歩行性であるが,固着や寄生生活をするものも少なくない。分布はあらゆる水圏にわたっており,形態,生態の多様化が著しい。
[形態と機能]
 体は一般に頭,胸,腹の3部,あるいは頭胸部と腹部に分かれ,各部とも体節からなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうかくるい【甲殻類】

節足動物門甲殻綱を形成する動物の一群。エビ・カニ・シャコ・フナムシ・ミジンコ・フジツボなどで、からだは頭・胸・腹部に分かれ、体表は甲殻でおおわれている。ほとんどが水中生活を営み、呼吸は鰓えらまたは体表全体で行う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲殻類
こうかくるい

節足動物門甲殻綱Crustaceaを形成する動物群で、エビやカニ類などで代表される。主として水中にすみ、えらで呼吸し、気管によって空気呼吸をする昆虫類やクモ類とともに節足動物の主要部を形成する。体は頭部、胸部、腹部、あるいは頭胸部、腹部に分かれる。それぞれ体節に分かれ、原則的には1対ずつの付属肢をもつ。付属肢は体の部位によって機能的、形態的に分化し、頭部では第1および第2触角、大あご、第1および第2小あご、胸部では第1~第3顎脚(がっきゃく)、第1~第5遊泳脚あるいは歩脚、腹部では腹肢とよばれる。消化管は口から直走して、口道、胃、中腸、後腸に分かれ、後端の尾節に肛門(こうもん)が開く。下等甲殻類には原始的な梯子(はしご)状神経系の形態をとどめるものがあるが、一般に神経節の左右の合一や、前後の集中化が著しい。循環系は開放血管系で、心臓を欠く場合は体あるいは消化管の運動により血流をおこす。体色変化に関与するサイナス腺(せん)、第二次性徴に関与する雄性腺は甲殻類特有の内分泌腺である。
 化石は古生代カンブリア紀以降の地層に出土するが、現生種は約5万種で、次の9亜綱に分けられる。
(1)頭蝦(かしらえび)亜綱Cephalocarida もっとも原始的な甲殻類で、4属9種。
(2)鰓脚(さいきゃく)亜綱Branchiopoda ミジンコなど。
(3)貝形(かいけい)亜綱Ostracoda 2枚の殻をもつウミホタルなど。
(4)橈脚(とうきゃく)亜綱Copepoda 一般に体長数ミリメートルのプランクトン。
(5)鬚蝦(かみえび)亜綱Mystacocarida 潮間帯の砂中にすむ微小種で、3種のみ。
(6)鰓尾(さいび)亜綱Branchiura 魚類の体表に寄生するチョウ類。
(7)蔓脚(まんきゃく)亜綱Cirripedia フジツボ類。
(8)嚢胸(のうきょう)亜綱Ascothoracica ヒトデなどに寄生する特殊な動物群。
(9)軟甲亜綱Malacostraca エビ、カニ、シャコなど、いわゆる高等甲殻類。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

甲殻類の関連キーワードテトラ ビーシュリンプエビとカニの水族館アスタキサンチン脱皮ホルモン貝類・甲殻類ヘモシアニンエクジソンビーフード北国赤海老呼吸色素富山海老北海海老アキアミ咽頭歯珊瑚蟹琵琶蟹沼海老口脚類花咲蟹草鞋虫

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲殻類の関連情報