こい

精選版 日本国語大辞典の解説

こ・い

〘接尾〙 (形容詞型活用)
① 形容詞「濃い」が接尾語化したもの。名詞などに付き、その間に促音のはいることが多い。濃いさまの意をあらわす。「あぶらっこい」など。
② 体言または性質、状態をあらわす語に付いて、形容詞をつくる。上が促音になることも多い。性質、状態をやや強調していう。「まるっこい」「細っこい」「しつっこい」など。
[補注]②には、もともと、ク活用形容詞の語幹と語尾との間に「こ」が挿入されたものと、①の「こい」がその意味を失ってきたものとがあると思われる。

こい こひ

〘名〙 鳥「はくちょう(白鳥)」の異名。〔享和本新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こ・い

[接尾]《形容詞型活用[文]こ・し(ク活)。形容詞「濃い」の接尾語化》(「っこい」の形になることも多い)
名詞に付いて、それが多く含まれている、それが濃いという意を表す。「油っ―・い」
性質・状態を表す語に付いて、それがはなはだしいを表す。「ねばっ―・い」「しつ―・い」「しつっ―・い」「まるっ―・い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android