コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘆きの色 ナゲキノイロ

デジタル大辞泉の解説

なげき‐の‐いろ【嘆きの色】

嘆き悲しむようす。和歌では多く、「木」に掛けて用いる。
「夏山の木のした露の深ければかつぞ―もえにける」〈かげろふ・下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なげきのいろ【嘆きの色】

嘆き悲しむようす。 「深草の山の紅葉にこの秋は-を添へてこそ見れ/玉葉 雑四

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

嘆きの色の関連キーワードえに玉葉

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android