夏山(読み)ナツヤマ

デジタル大辞泉の解説

夏の、草木が青々と茂った山。 夏》「―や京尽し飛ぶ鷺一つ/蕪村
夏の登山、また、その対象となる山。⇔冬山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 夏季の山。樹木が青々と繁茂している山。夏峰。《季・夏》
※万葉(8C後)八・一四九四「夏山の木末(こぬれ)の繁にほととぎす鳴きとよむなる声の遙けさ」
② 夏季に、高い山頂などにある神社・仏閣に参詣すること。
③ 夏季の登山。また、夏季に登山の対象となる山。〔登山技術(1939)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夏山の関連情報