コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嚚し ヒスカシ

デジタル大辞泉の解説

ひすか・し【×嚚し】

[形シク]《「ひずかし」とも》心がねじけている。また、口やかましい。
「女程―・しきものはなし」〈滑・古朽木・五〉

ひすかし【×嚚し】

[形動ナリ]心がねじけているさま。ひねくれているさま。
「御心―に、国王の器量ましまさねば」〈浄・天智天皇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひすかし【嚚し】

( 形シク )
〔「ひずかし」とも〕
ひねくれている。気むずかしい。また、口やかましい。かまびすしい。 「 - ・しの心愚かの人は/極楽願往生歌」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

嚚しの関連キーワードシク

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android