器量(読み)キリョウ

デジタル大辞泉の解説

き‐りょう〔‐リヤウ〕【器量】

ある事をするのにふさわしい能力や人徳。「指導者としての器量に乏しい」
その人の才徳に対して世間が与える評価。面目。多く、男性についていう。「器量を上げる」
顔だち。容貌(ようぼう)。多く、女性についていう。「器量のよい娘」
もののじょうず。名人。
「笛の御(おん)―たるによって」〈平家・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の器量の言及

【恩地】より

…こうした恩地は平安時代末から武家社会を中心に広くみられるが,鎌倉幕府はこれについて詳しい規定を定めている。とくに恩地を奉公義務の負担能力(これを器量とか,器用とかいった)のない者に売ったり譲渡したりしてはならないと規定した部分は恩地の性格をよく示している。また有名な永仁の徳政令が御家人から凡下に売られた土地は無償で御家人にもどされると規定したのも,恩地の性格に起因していると言えよう。…

※「器量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

器量の関連情報