四竹打(読み)よつだけうち

精選版 日本国語大辞典の解説

よつだけ‐うち【四竹打】

〘名〙 四つ竹を打つこと。また、それを打つ放下師など。
※俳諧・四五百森(1694)「早稲わらにほふ風のまにまに〈梅中〉 秋ことに四竹うちの謡ひ来て〈冝仙〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android