コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回線交換 かいせんこうかん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

回線交換

データ通信において、通信中はずっと回線を確保したまま通信を行なう方式(←→パケット交換)。まず通信に先立って通信回線を確保し、通信が終了した時点で回線を解放する。通信するデータがない場合でも回線を占有するので、回線の利用効率は悪い。回線交換方式のデータ通信は、コネクション指向通信(Connection Oriented)や、データグラム(Datagram)とも呼ばれる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいせん‐こうかん〔クワイセンカウクワン〕【回線交換】

circuit switching》⇒回線交換サービス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいせんこうかん【回線交換】

通信のたびに、交換機が送信者と受信者を選択して回線を接続する仕組み。通信の開始から終了まで回線を占有する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

回線交換の関連キーワードコンピュータ・ネットワーク高度情報通信システムCSフォールバックATM交換システム広帯域通信網パケット通信V.120IP電話交換機専用線NGNATM

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android