自動交換機(読み)ジドウコウカンキ

デジタル大辞泉の解説

じどう‐こうかんき〔‐カウクワンキ〕【自動交換機】

電話回線の選択・接続などの作業を、交換手仲介なしに、自動的に行う機械設備。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

自動交換機【じどうこうかんき】

自動式電話交換機電話機のダイヤル,ボタンを操作することによって発生するパルスにより自動的に交換機を動作させるもの。ステップ・バイ・ステップ式交換機のほかクロスバー交換機電子交換機デジタル交換機がある。
→関連項目電話機電話交換機

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じどう‐こうかんき ‥カウクヮンキ【自動交換機】

〘名〙 電話の回線の選択、接続などの交換作業を自動的に行なう機械。クロスバー交換機、電子交換機、デジタル交換機などがある。自動式電話交換機。
※現代日本技術史概説(1956)〈星野芳郎〉現代技術学史の方法「電話機にせよ自動交換機にせよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android