方式(読み)ほうしき

精選版 日本国語大辞典「方式」の解説

ほう‐しき ハウ‥【方式】

〘名〙 一定の形式。定まっている手続・やり方。
※新聞雑誌‐二二号・明治四年(1871)一一月「西洋各国の方式を取捨し前途盛大の目的を立」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「方式」の解説

ほう‐しき〔ハウ‐〕【方式】

ある一定のやり方。定まった形式・手続き。「入札の方式を決める」「所定の方式に従う」「仮名漢字変換方式
[類語]仕方方法り方仕振り仕様しようよう流儀り口でん致し方手段手口メソッド方途機軸定石てだて方便術計形式体裁フォーム年式かた様式型式かたしき書式フォーマットスタイルモデルパターンタイプ類型定型ひな形手本見本サンプルスタンダードプロトタイプ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android