従来(読み)じゅうらい

精選版 日本国語大辞典「従来」の解説

じゅう‐らい【従来】

〘名〙
① まえから今まで。これまで。以前より。もとより。従前。副詞的にも用いる。
※続日本紀‐養老元年(717)九月癸卯「因居命氏、来恒例」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「それじゃア従来(ジウライ)を追ッて遊ばせておいちゃアいけねへヨ」 〔宋書‐文九王伝・巴陵哀王休若〕
② 物事のよって来るところ。いわれ。由来。来歴。
※正法眼蔵(1231‐53)画餠「一法の従来せる面目を却するにあらず」 〔史記‐封禅書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「従来」の解説

じゅう‐らい【従来】

以前から今まで。これまで。従前。「従来の方式」「従来定説とされてきた学説」
[類語]過去以前かつ在りし日往年往時往日旧時昔日せきじつ昔時せきじ昔年せきねん往昔おうせき往古古昔こせきいにしえ古くそのかみ当時前前かねてかねがね何時か既往これまで従前し方先年当年一時一頃その節先に当時古来あらかじめ前以て年来旧来在来その昔太古千古大昔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「従来」の解説

【従来】じゆうらい

もとより。由来。〔玄怪録、張〕佐、甚だ之れを(あや)しみ、試みに從(よ)りて來るを問ふ。但だ笑つて答へず。再三するに至り、忽ち怒りして曰く、年少子、乃(なん)ぞ敢て相ひ(せま)るやと。

字通「従」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android