従来(読み)じゅうらい

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐らい【従来】

〘名〙
① まえから今まで。これまで。以前より。もとより。従前。副詞的にも用いる。
※続日本紀‐養老元年(717)九月癸卯「因居命氏、従来恒例」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「それじゃア従来(ジウライ)の弊を追ッて遊ばせておいちゃアいけねへヨ」 〔宋書‐文九王伝・巴陵哀王休若〕
② 物事のよって来るところ。いわれ。由来。来歴。
※正法眼蔵(1231‐53)画餠「一法の従来せる面目を奪却するにあらず」 〔史記‐封禅書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android