コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回読 カイドク

デジタル大辞泉の解説

かい‐どく〔クワイ‐〕【回読】

[名](スル)何人かで書物を順繰りにまわして読むこと。まわしよみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいどく【回読】

( 名 ) スル
何人かの間で、書物などを順々にまわして読むこと。まわしよみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

回読の関連キーワード日本占領史1945忘れられた詩人の伝記/父・大木惇夫の軌跡狂うひと/「死の棘」の妻・島尾ミホcurtain call女たち三百人の裏切りの書アイルランドモノ語り谷崎文学と肯定の欲望わたしの日付変更線コチャバンバ行き江戸おんな歳時記かくて有りけり夜は終わらないひとびとの跫音古い記憶の井戸私のグランパ雪、おんおんわが心の遍歴優しい碇泊地ゆうじょこう太陽を曳く馬

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

回読の関連情報