何人(読み)なにびと

精選版 日本国語大辞典「何人」の解説

なに‐びと【何人】

〘名〙 どういう人。いかなる人。何者。なんぴと。
※百法顕幽抄平安中期点(900頃)「大天は是れ何(ナニ)人ぞ」
※落・三軒長屋(1894)〈四代目橘家円喬〉「其地立てとか店立とか申すのは何人(ナニビト)が左様な事を申しますな」

なん‐にん【何人】

〘名〙 はっきりしない人数、また、多くの人数を表わす。いく人。「何人いるか」「何人でもいい」「何人も来た」
※大英游記(1908)〈杉村楚人冠〉本記「幾日の間に何人(ナンニン)お客が来るかといふ勘定の方が余程面白いと」

なん‐ぴと【何人】

〘名〙 (「なんびと」とも) 「なにびと(何人)」の変化した語。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)二「何人(ナンビト)かと思ひ苦すれば虚呂松大人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「何人」の解説

なん‐ぴと【何人】

《「なにびと」の音変化。「なんびと」とも》いかなる人。どういう人。何者。「何人も入るべからず」

なに‐びと【何人】

どういう人。いかなる人。何者。なんぴと。「何人も他人の権利を冒すことはできない」
[類語]どなた何者・どの方・どの人・どいつ何奴どちら・誰か・誰かさん・どなたか・誰か彼か

なん‐にん【何人】

はっきりしない人数を表す。いく人。「何人いるか」「何人でも多いほうがいい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「何人」の解説

【何人】なんびと

いかなる人。〔論語、述而〕伯夷・叔齊は何人ぞや。曰く、古(いにしへ)の賢人なり。

字通「何」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android